妊娠したら準備することなび ~妊娠線予防・栄養補給・便秘解消など~

妊婦さん必見!妊娠線ケアや健康管理で知っておきたいことをまとめました

妊娠中の便秘で気をつけること

妊娠中に多い症状の1つである便秘について、その原因や対策、注意点をまとめました。

妊婦さんが便秘になりやすい理由は?

多くの妊婦さんが悩まされている便秘。普段から便秘体質の方はもちろん、妊娠前は便秘とは無縁だった人でも、妊娠中は辛い便秘になりやすいのです。妊婦さんはどうして便秘になりやすいのか、まずはその原因を知っておきましょう。

1.黄体ホルモンの影響

妊娠中は、女性ホルモンの1つである黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が多くなります。この黄体ホルモンには、体内の水分量を維持するために大腸からの水分吸収を促進したり、大腸の運動機能を抑制する作用があるため、便秘を引き起こす原因となってしまいます。

2.子宮が腸を圧迫する

赤ちゃんが成長して子宮が大きくなってくると、徐々に腸を圧迫していきます。その結果、便の通り道である腸管が狭くなってしまうので、便が詰まったり、排便反射が鈍くなったりします。

3.水分不足

黄体ホルモンによる水分吸収に加えて、成長した赤ちゃんにも多くの水分が必要となるため、妊娠中は便の水分が不足しがちです。また、つわりの時期は食事からの水分が摂りづらくなることも、便秘の原因となります。水だけを大量に飲んでしまうと浮腫みの原因になりますので、食べられるものを見つけて、できるだけ食事をすることが大切です。

4.ストレスや運動不足

妊娠中はストレスを感じることも多いと思いますが、ストレスを感じると、腸の働きが鈍くなるため、便秘を悪化させることがあります。また、運動不足によって筋力が低下したり、腸の動きが鈍くなることも、便秘になる原因の1つです。リラックスできる時間を作ったり、ストレッチで適度に体を動かしたり、妊婦さんにできる範囲で便秘対策してみてください。

妊娠中の便秘の主な原因である、ホルモンの影響や、子宮による圧迫は、妊婦さんなら避けては通れないことです。でも、一般的な便秘の原因でもある、水分不足、ストレス、運動不足は、毎日の生活の中で改善することができます。便秘の原因を知って、できることから便秘対策していきましょう。

放っておくと危ない?妊娠中の便秘

妊婦さんの約7割が悩まされていると言われる便秘ですが、たかが便秘と思って放っておくと、様々な悪影響が生じることがあります。

まず、便秘の悪化によって、痔になることがあります。そうでなくても、妊娠中は、子宮の重みで腸を圧迫して血流を悪くするため、肛門付近がうっ血しやすいのです。妊娠中の便秘は、痔を引き起こしやすくなるので気をつけましょう。

また、お腹のハリや収縮が、腸によるものなのか、子宮によるものなのか、区別が付きにくくなるのも問題です。便秘のときに起こるお腹のハリや腸の収縮なのか、切迫流産や早産などの子宮収縮なのか、妊婦さんが自己判断を誤ってしまう可能性もあります。子宮(おへその下の中央あたり)に痛みや異常を感じたら、早めに医師に相談してください。

さらに、便がいつまでも溜まった状態だと、老廃物が腐敗して、有害な毒素やガスが発生します。そして、腸の水分が血液に吸収される際に、この毒素まで一緒に吸収されてしまうのです。赤ちゃんのための胎盤にも、この血液が流れてしまいます。

妊娠中の便秘は、放っておかずに、できるだけ早めに解消することが望ましいです。妊婦さんにもできる便秘解消法で、快適で安心なマタニティライフを送りましょう。

 
 
 
妊娠したら準備することなび ~妊娠線予防・栄養補給・便秘解消など~