妊娠したら準備することなび ~妊娠線予防・栄養補給・便秘解消など~

妊婦さん必見!妊娠線ケアや健康管理で知っておきたいことをまとめました

妊婦にもできる便秘解消法

数ある便秘解消法の中から、妊娠中の便秘解消法として利用できる方法を紹介していきます。

妊婦さんの便秘解消にオススメの食生活

便秘解消法のイメージフォト

妊娠中は、食事によって便秘解消する方法が最もオススメです。

食生活のポイントは、「腸の運動機能の低下」と「便の水分不足」を改善すること。そのためには、食物繊維乳酸菌オリゴ糖水分などを多く取り入れながら、バランスの良い食事を心がけましょう。

食物繊維が多く含まれている食材は、玄米きのこごぼうさつまいもりんごこんにゃくなど。乳酸菌が多いヨーグルトや、オリーブオイルなどの良質な油分も、便秘解消に良い食材です。積極的に食事に取り入れてみてくださいね。

また、朝起きてすぐに、ぬるま湯や白湯を飲むのも良いでしょう。水分を補給できるだけでなく、腸を目覚めさせて、動きを活発にします。

適度な運動や生活習慣の見直しも大切

妊娠中の便秘解消のためには、生活習慣を見直すことも必要です。まずは、十分に睡眠をとって、毎日できるだけ決まったリズムで生活するのが理想でしょう。

また、妊娠中は運動不足になりがちなので、散歩、ウォーキング、ストレッチ、マタニティヨガなど、無理のない範囲で体を動かすようにしてくださいね。自宅で簡単にできるストレッチとして、妊婦さんの便秘解消に良いとされる骨盤矯正ストレッチを紹介します。

  1. フラフープを回す時のような動きで、腰をゆっくりと回します。
  2. 1回に2秒位かけて、ゆっくりと、30回繰り返します。
  3. 反対まわりにも、同様に30回行います。

妊娠中に運動をする際には、無理をするのは絶対にやめましょう。お腹にハリを感じたら、すぐに中止して休み、収まらないようだったらすぐに受診してください。

産婦人科で処方してもらえる薬もあります

便秘解消法のイメージフォト

食事や生活習慣に気をつけても、なかなか改善されない頑固な便秘もあると思います。そんな時には、産婦人科で処方してもらえるマグネシウム系の便秘薬(マグラックスなど)に頼るという方法もあります。
妊婦さんでも服用できるマグネシウム系の便秘薬は、腸を活発にするのではなく、便を柔らかくすることで便秘を改善する薬です。

妊娠中は、市販の便秘薬は絶対に使わないでください。
下剤の中には、子宮収縮作用のある成分が含まれていることがあるからです。辛い便秘に悩んでいる妊婦さんは、必ず医師に相談し、処方された薬を飲みましょう。

 
 
 
妊娠したら準備することなび ~妊娠線予防・栄養補給・便秘解消など~