妊娠したら準備することなび ~妊娠線予防・栄養補給・便秘解消など~

妊婦さん必見!妊娠線ケアや健康管理で知っておきたいことをまとめました

カルシウム&たんぱく質

妊婦に必要な栄養素であるカルシウムについて、必要な理由や気をつけたいことをまとめました。また、併せて摂りたいたんぱく質についても紹介しています。

妊娠中のカルシウム摂取が大事な理由とは?

体内にあるカルシウムの約99%は骨と歯に存在していて、残りの約1%は心臓機能や血液凝固、筋肉収縮などで重要な役割を担っています。そして、血液中のカルシウム濃度は一定になるように調整されていて、血液中のカルシウムが不足すると、骨や歯に蓄積されているカルシウムが溶け出して使われてしまいます。このため、カルシウム不足を放置していると、気づかぬ内に骨密度の低下を招きます。

妊婦さんは、お腹の赤ちゃんの骨や歯を作るために、通常よりも多くのカルシウムが必要となります。そのため、どうしてもカルシウム不足に陥りがちです。妊娠中もカルシウムが不足すると、ママの骨や歯に存在しているカルシウムが溶け出して、血液を通して赤ちゃんへと運ばれることになります。その結果、ママの骨密度はどんどん低下してしまうのです。

カルシウムを多く含む食材、摂取上の注意点は?

カルシウム摂取に適した乳製品のイメージ画像

妊娠中には、1日あたり900mgのカルシウムを摂取する必要があります。カルシウムを多く含む食材やサプリメントを活用して、毎日しっかりと栄養補給しましょう。
ただし、上限である2300mgを超えて過剰摂取にならないように気をつけてくださいね。

カルシウムを多く含んでいる食品は、小魚牛乳や乳製品豆腐小松菜ほうれん草など。中でも、体内での吸収率が高い牛乳や乳製品は、積極的に取り入れたい食品です。

また、ビタミンDや良質なたんぱく質は、カルシウムの吸収率を高める作用があるので、一緒に摂ることをおすすめします。

妊婦さんは良質なたんぱく質を摂ることも大切

たんぱく質は、カルシウムの吸収を助けるだけでなく、赤ちゃんの体を形成するためにも欠かせない重要な栄養素です。また、妊娠後期には、たんぱく質不足が妊娠中毒症を引き起こす原因にもなるので、妊婦に必要な栄養素でもあります。そのため、妊娠中は、良質なたんぱく質を積極的に摂ることが大切なのです。

たんぱく質が多い食品は、乳製品大豆おから豆腐など。食事として摂るたんぱく質には、人間の体内では作り出すことのできない必須アミノ酸も含まれています。植物性の食品にしか含まれていないアミノ酸もあるので、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質をバランスよく摂取することが大事です。また、ビタミンB6やビタミンB12を一緒に摂ると、たんぱく質の吸収を助けてくれます。

 
 
 
妊娠したら準備することなび ~妊娠線予防・栄養補給・便秘解消など~