妊娠したら準備することなび ~妊娠線予防・栄養補給・便秘解消など~

妊婦さん必見!妊娠線ケアや健康管理で知っておきたいことをまとめました

鉄分

妊婦さんに必要な栄養として、貧血対策に欠かせない鉄分の摂取について、詳しく解説していきます。

妊娠中はなぜ貧血・鉄分不足になりやすいの?

妊娠中は貧血になりやすく、妊婦さんの約3~4割は鉄分不足による貧血になるというデータもあります。では、どうして妊婦さんは貧血になりやすいのでしょうか?

それは、お腹の赤ちゃんの成長のために、ママの体内にある鉄分が大量に使われるからです。妊娠すると、お腹の赤ちゃんに酸素や栄養を運ぶために、ママの血液量は増加しますが、赤血球の量はそれほど増えません。このため、必然的に貧血になるのです。

さらに、妊娠中のママが摂取した栄養は赤ちゃんへ優先的に送られてしまうため、ママは鉄欠乏性の貧血にもなりやすいです。

こうした変化は、すべての妊婦さんに起こることなので、ある程度までは生理的な貧血と言えるでしょう。しかし、食事などに気を配って鉄分をしっかりと摂っていかないと、貧血はどんどんひどくなってしまうので注意が必要です。

ママにも赤ちゃんにも悪影響のある鉄分不足

妊婦さんが鉄分不足による貧血になると、めまい、立ちくらみ、動悸、息切れ、頭痛、疲れやすいといった症状が出やすくなります。「ちょっと動いただけなのに心臓がドキドキする」「いつも身体がだるくて疲れやすい」など、つらい症状に悩まされる人も少なくないようです。また、立ちくらみによる転倒も心配ですよね。

さらに、ママの鉄分不足は、お腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてします。赤ちゃんに酸素を送るための赤血球が正常に働かなくなるため、発育が遅くなったり、未熟児になることもあるのだとか。
また、微弱陣痛や出血多量などで、出産時にトラブルが起こりやすくなるとも言われています。

妊婦さんの鉄分不足による貧血の悪化は、百害あって一利なしです!妊娠中は、食事だけでなくサプリメントも上手に利用して、不足しがちな鉄分をしっかり摂ることを意識してみてくださいね。

鉄分が多く含まれる食材と、摂取上の注意点は?

鉄分が多く含まれる食材のイメージ画像

鉄分が多い食材の代表的なものは、小松菜ほうれん草納豆高野豆腐ごまわかめしじみあさり豚レバー鳥レバーなどです。ただし、レバーには、妊娠初期に摂りすぎると良くないビタミンAも多く含まれているため、食べ過ぎには気をつけましょう。

また、ビタミンCやタンパク質は、鉄分の吸収を助ける働きがあるので、一緒に摂ると良い栄養素です。ビタミンCには、造血効果を高める役割もあります。

せっかく鉄分を十分に摂っても、その後にタンニンの多いお茶を飲むと、鉄分の吸収を妨げてしまうのでご注意を。食後にお茶を飲む時は、タンニンの少ない麦茶や番茶、ハーブティーなどがおすすめです。 

 
 
 
妊娠したら準備することなび ~妊娠線予防・栄養補給・便秘解消など~