妊娠したら準備することなび ~妊娠線予防・栄養補給・便秘解消など~

妊婦さん必見!妊娠線ケアや健康管理で知っておきたいことをまとめました

妊娠中の栄養補給で気をつけること

妊娠中に不足しがちな栄養素や、過剰摂取に注意したい成分、そのほか気をつけることについて説明します。

妊婦さんが積極的に摂りたい栄養素

お腹の赤ちゃんの発育のためにも、妊婦さん自身の健康のためにも、必要な栄養をバランスよく摂ることはとても大切です。特に、妊娠中に不足しがちな鉄分、葉酸、カルシウムなどは、しっかり補給するように心がけましょう。

鉄分は、赤ちゃんの血液を作り、ママの貧血を防ぐ栄養素。葉酸は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害発症リスクを低減させるために摂りたい成分。カルシウムは、妊婦さんの骨密度低下を防ぎ、赤ちゃんの骨や歯を作るために欠かせない栄養です。

しかし、栄養バランスに気をつけている妊婦さんでも、つわりで食欲がなくなったり、食事内容が偏ってしまったりすることもあると思います。そんな時には、手軽に栄養補給できるサプリメントを利用するのも一つの方法です。妊婦さんに不足しがちな成分をバランスよく配合し、安全性にも特に気を配って作られたプレママ専用のサプリメントもあります。

ビタミンAの摂りすぎにはご注意を

「お腹の赤ちゃんと2人分だからどんな栄養でもまんべんなくたっぷり摂取」と思いがちですが、妊娠中には、ビタミンAを過剰摂取しないように気をつけましょう。

妊娠中に過剰摂取に気を付ける栄養素のイメージ画像

ビタミンAは、油に溶ける性質を持つ「脂溶性ビタミン」と呼ばれていて、体外に排出されにくく、摂りすぎて余った分も体内に蓄積されます。そして、妊娠初期にビタミンAを過剰摂取すると、お腹の赤ちゃんに奇形が起きるリスクが高くなると言われているのです。

普段の食事ではそれほど気にしなくて大丈夫ですが、ビタミンAが配合されているマルチ処方のサプリメントを利用している方は注意してくださいね。ビタミンAは、ウナギやレバーにも多く含まれていますので、妊娠初期には食べ過ぎないようにしましょう。

その他、妊娠中には控えたい食品・嗜好品

ビタミンAのほかにも、妊娠中には摂りすぎに注意したい食品がいくつかあります。

妊娠中に控えたい嗜好品のイメージ画像

まずは、カフェインが多く含まれるコーヒー、紅茶、日本茶です。1日2杯程度なら胎児に影響はないと言われていますが、ノンカフェインの方が安心して飲めます。ハーブティー、麦茶、番茶、たんぽぽコーヒーなど、ノンカフェインの飲み物もたくさんあるので、お試し気分で色々と飲んでみるのも楽しいと思います。

続いて、メチル水銀が蓄積されている可能性が高いメカジキ、キンメダイ、マグロなど、15種類の大型魚についても注意が必要です。厚生労働省より、妊婦さんが摂取しても良い量の目安は「1回の食事につき60~80g回として、週に2回以下にすることが望ましい」と発表されています。
また、魚をお刺身として生で食べるのは、ノロウイルスや食中毒のリスクもあるので、なるべく控えた方が無難です。

そして、妊娠中に厳禁なのが、アルコール摂取と喫煙!お酒もタバコも、お腹の赤ちゃんの順調な発育を妨げる原因になると言われています。特に、タバコは、流産や早産のリスク、SIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクを高めるとも言われているので、絶対に禁煙することをオススメします。

 
 
 
妊娠したら準備することなび ~妊娠線予防・栄養補給・便秘解消など~