妊娠したら準備することなび ~妊娠線予防・栄養補給・便秘解消など~

妊婦さん必見!妊娠線ケアや健康管理で知っておきたいことをまとめました

【特集1】妊娠線ケア成分にはどんなものがある?

妊娠線対策ケアに効果が期待できる成分について、詳しく解説していきます。

妊娠線の予防におすすめのスキンケア成分とは?

妊娠線ケアコスメを選ぶ時に必ず注目しておきたいのが、配合成分です。効果がなければ妊娠線対策になりませんし、安全性も気になるところですね。

そこで、妊娠線の予防に高い効果が期待でき、安全性も確かな成分をまとめてみました。有効成分が豊富に配合されているケアコスメを選ぶことをオススメします。

  1. 安全性については、有効成分の安全性だけでなく、無添加項目のチェックも忘れずに!

シラノール 注目度No.1

妊娠線ケアに高い効果が期待できるとして最も注目されているのが「シラノール誘導体」。海外では、「妊娠線ケアコスメといえば、シラノール誘導体配合!」というほど認知されている成分です。

シラノールには、真皮や皮下組織といった肌内部に働きかけて、壊れかけたコラーゲン組織を修復して、肌の弾力性を高める働きがあります。

シラノール誘導体配合の妊娠線ケアコスメを使った海外の臨床実験では、86%もの妊婦さんが、妊娠線ケアアイテムとして非常に良い、または良いと回答しています。また、シラノールは、できてしまった妊娠線に対しても、薄くして目立たなくする効果が期待できます。

ヒアルロン酸

肌の潤いが不足すると、真皮の柔軟性も損なわれて、妊娠線ができやすい状態になってしまいます。1gで6リットルもの水分を保持する力があるヒアルロン酸は、潤いのある肌に欠かせない美容成分。

中でも、通常のヒアルロン酸の2倍以上の保水力を持つとされる「スーパーヒアルロン酸」は、妊娠線ケア成分として注目されています。

コラーゲン

コラーゲンは、真皮などに多く存在していて、肌の弾力や柔軟性を保つ大切な役割をしている成分です。スキンケア成分としては、その優れた保湿力が注目されています。

コラーゲンが不足すると、肌のハリが低下して、妊娠線ができやすい状態になりますので、スキンケアコスメなどで補うのがオススメです。

プラセンタ 注目度No.3

プラセンタとは動物の胎盤のことですが、その胎盤に含まれている栄養成分を抽出したものが、スキンケアやアンチエイジングに広く使われています。

プラセンタは、コラーゲンの生成を促進したり、新しい肌細胞を作り出す手助けをしたりする働きのある美肌成分です。肌のターンオーバーを整えてくれるので、妊娠線予防にも効果が期待できます。

豚、羊、牛、魚などがありますが、中でもアミノ酸などの栄養成分の豊富さがダントツで、安全性が非常に高いのが、馬プラセンタです。

葉酸 注目度No.2

妊娠中の女性に大切な栄養素として知られる葉酸は、サプリメントで摂っている妊婦さんも多いと思います。葉酸の体内での働きは、ビタミンB12と一緒に赤血球の生成をサポートしたり、細胞の再生を促進させて皮膚粘膜を守ったりすることです。

食事やサプリメントから摂取するイメージの強い葉酸ですが、肌細胞を活性化させる作用がありますので、スキンケア成分としても効果が期待できます。

ビタミン類

美肌に欠かせない成分として知られているビタミン類。中でも、ビタミンCとビタミンEは、妊娠線予防のためにもオススメしたい成分です。

ビタミンCは、優れた美白作用があることで知られていますが、コラーゲンの生成を促進して、肌のターンオーバーを整える働きもあります。ビタミンEの一種であるトコフェノールは、強力な抗酸化作用によって肌を若返らせる働きがあるので、ぜひ覚えておきたい成分です。

アミノ酸

アミノ酸は、私たちの身体のたんぱく質を構成している重要な成分です。そして、妊娠線ケアにおすすめのアミノ酸は、アスパラギン酸、アルギニン、グリシンなど。

アスパラギン酸には、肌荒れ防止細胞活性化といった働きがあります。アルギニンとグリシンは、高い保湿力のある成分です。

有効成分がたっぷり含まれているのは?妊娠線ケアコスメ集はこちら>>

 
 
 
妊娠したら準備することなび ~妊娠線予防・栄養補給・便秘解消など~