妊娠したら準備することなび ~妊娠線予防・栄養補給・便秘解消など~

妊婦さん必見!妊娠線ケアや健康管理で知っておきたいことをまとめました

妊娠線の予防法

妊娠線を予防するための対策について詳しく解説していきます。

妊娠線予防のためにできること

一度できてしまうと、自然に消えることはほとんどないと言われる妊娠線。できてしまう前に、徹底ケアで予防することが大切です!そこで、妊娠線予防のために心がけたいことや、効果的だと言われていることをまとめてみました。

1.体重管理をして、急激な体重増加を防ぐ。

体重管理のイメージ画像

まずは、食事に気を付け適度な運動により体重管理をして、急激に体重が増えないように気を付けることです。急激な体重増加によって肌が無理に引っ張られると、柔軟性のない真皮や皮下組織に亀裂が入りやすくなり、妊娠線ができてしまいます。

また、体重の増えすぎによって、妊娠中毒症などの症状を引き起こすこともありますので、安定期に入ったら、特に体重管理には気を配るようにしましょう。

2.マタニティ用インナーで、肌への負担を軽減させる。

妊婦帯や産前ガードル、ハーフトップなど、妊婦さん用のインナーを適切に使用して、大きくなるお腹や胸をしっかりサポートすることも大切です。インナーがお腹や胸を支えることで、常に引っ張られている状態の肌への負担を、少しでも軽減することができます。

3.保湿クリームやマッサージで、直接的にスキンケアする。

保湿クリームで妊娠線ケアのイメージ画像

肌の乾燥は、妊娠線予防の大敵です!乾燥によって肌の伸縮性が弱まれば、妊娠線ができやすい状態になってしまいます。妊娠線ケアクリームでしっかりと保湿して、肌の乾燥を防ぎましょう。クリームを使ってのマッサージも効果的と言われています。お風呂上りや寝る前などのタイミングで、毎日ケアする習慣をつけるのがオススメです。

また、ホルモンバランスが乱れがちな妊娠中は、肌がカサついたりかゆくなったりと、トラブルが起こりやすい状態でもあります。妊娠線ケアクリームは、無添加などの低刺激で安全性が高いものを選ぶと安心です。

ヒアルロン酸やコラーゲン、シラノール誘導体などの肌の弾力を保つ成分が配合されているものであれば、さらに良いでしょう。

妊娠線予防ケアコスメ人気ランキングはこちら>>

4.食事や睡眠など、生活習慣を見直して、肌のコンディションを整える。

睡眠のイメージ画像

妊娠中の健康やお腹の赤ちゃんの発育のために、栄養管理はもちろん大事ですが、妊娠線予防のためにも、食事には気を配りましょう。柔らかい肌をつくる栄養素として、良質なたんぱく質や油を摂ると良いと言われています。

また、肌のターンオーバーを促進するためには、しっかり睡眠をとることも大切です。
カラダの中から、妊娠線のできにくい肌コンディションに整えることも心がけてみてください。

 
 
 
妊娠したら準備することなび ~妊娠線予防・栄養補給・便秘解消など~